サポートの有無を確認して

工事現場

種類や業者の選び方

ふるい機とは、土などをふるいにかけて選別する機械のことをさします。ふるい機は様々な場面で使われていますが、工事現場などでは残土ふるい機と呼ばれる種類がよく使われています。残土とは、解体現場や工事現場で出る土のことです。こうした現場で出る土は処分するとゴミになり、処分費用もかかってしまいますが、残土ふるい機などを利用すれば再利用できる資源となります。土質改良機などを組み合わせればより質の良い土に改良させることも可能であり、その分様々な用途に使用出来たり、高く買い取ってもらえたりします。その現場でそのまま使うことも可能です。残土ふるい機はいくつかの会社から様々な商品が出されています。残土ふるい機は破砕機、土質改良機などと組み合わせて使われることが多いので、セットで販売されていることも多い機械です。すべてが一体型になった大型の機械もあります。何が必要かは現場により異なるので、その現場で何が必要かを見極めて選ぶことが必要です。また、新品か、中古か、レンタルかといった違いもあります。残土ふるい機は処理量でサイズもかなり変わってくるので、どれくらいの大きさや性能がいるのかわからないという場合にはレンタルなどで使い心地を試すのがおすすめです。もしくはサポートがしっかりしていて、導入時の相談や導入後のサポートも依頼できる業者を選ぶのがポイントでしょう。決して安い買い物ではないので、よく吟味して選ぶのが大切です。

Copyright© 2018 残土ふるいの情報【資金状況に合わせて適宜選択】 All Rights Reserved.