女の人

現場の必需品

残土ふるい機は建設現場や河川工事などにおいて欠かせない重機です。大きく分けて2種類の残土ふるい機があり、石や土の細かさ、水分量などにより向いているタイプが異なります。用途に合わせてどちらが良いのか判断しましょう。

詳しく見る

男女

建設発生土の処理に

建設現場などで大量に発生してしまう建設発生土ですが、多くの場合は産業廃棄物として処理されています。そんな建設発生土を処理してリサイクル可能にし、環境のも良い影響を与えてくれるのが残土ふるい機です。残土ふるい機をリースする場合にはサイズによって差はありますが、5万円以上の費用が相場となっています。

詳しく見る

工事現場

サポートの有無を確認して

残土ふるいは建築現場で出た残土などをふるいにかけて選別する機械のことです。破砕機や土質改良機と一緒に使われることが多いです。導入時は現場で必要な機能やサイズを見極めたうえで導入しましょう。レンタルからもおすすめです。サポートが充実している業者を選ぶのもポイントです。

詳しく見る

再利用が可能

工事現場

適切に分ける

世の中には、再製品を利用しようという風潮が広まり、街中ではリユース店、インターネット上ではフリーマーケット、オークションといった販売形態が一定の市場を確保するようになっています。これは、各企業が活動した結果出てきた各物質にも当てはまり、さまざまな場面で発生する残土についても、再利用の可能性があります。石と砂、土が混ざり合った状態であると、なかなか用途はないものの、それぞれに残土ふるいを使って一定の粒子毎に分けることで、使い道が発生するものなのです。これは、ゴミの分別と似ており、分けることで価値のないものが利用価値のある物に変えることができるのです。残土フルイには、さまざな形式が存在しており、大きなものから小さなものまで存在しています。残土ふるいの原理としては、仕分けのために設置されたふるいが振動することにより、大きなものは篩の上に残り、小さなものは穴から落下するようになっています。このふるいのサイズを変更することにより、より細かな用途に利用することができるようになっています。中には、重機の先につけた状態の残土ふるいもありますが、一般的には残土ふるいは固定式になっており、持ち運びをして使用するようになっています。残土ふるいを利用するときには、購入して利用するという方法に加えて、レンタルするという方法もあり、使用頻度や対象物、資金状況に合わせて適宜選択することができるようになっています。

メンズ

土の再利用に使用

残土ふるい機は土を再利用するために使われます。ふるいにかけて土に混ざっている不純物を処分するのが目的です。再利用した土は工事、農業など様々な目的で使われます。ふるいの具合を調節すると仕上がりを調節することもできます。

詳しく見る

女性

建設残土をリサイクル

建設残土をリサイクルしコスト削減に貢献する残土ふるい機は、スクリーン式やドラム式やロール式などの種類に分けられます。いろいろな残土の性質に対応するためには、それに適した残土ふるい機を選ぶことが大切です。

詳しく見る

Copyright© 2018 残土ふるいの情報【資金状況に合わせて適宜選択】 All Rights Reserved.